suda

自由診療とはなんだろう

suda

最新ニュース

自由診療とはなんだろう

皆様こんにちは。

 

本日のスタッフブログを担当致します、看護師の須田です。

宜しくお願い致します。

 

実は当院、再生医療だけをどこの病院様よりもいち早く

ご提供させていただいているクリニックになります。

再生医療は保険が適応となりませんので、自由診療にてご提案させていただきます。

 

 

そもそも自由診療とはなんなのでしょうか。

 

一般的に保険証を提示すれば医療費の自己負担は3割ほどで収まりますが、

実は保険診療にかぎられています。

 

本日は自由診療の特徴についてご説明させていただければと思います。

 

自由診療とは、公的な医療保険が適用されない医療技術や薬剤による治療のことです。

治療にかかる費用はすべて患者負担(10割負担)となります。

自由診療となる治療は数多くあり、下記にいくつか例をあげてみました。

★自家がんワクチン療法

★網羅的がん遺伝子検査

★遺伝子療法

★歯科矯正

★美容整形

★健康上の理由以外の漢方療法

等が挙げられます!

 

自由診療を利用するメリットは、治療の選択肢が増え、

自分の体質や病気にあった治療を制限なく受けられるということです。

また、「日本では未承認だが海外では承認済み」

のような最先端治療を受けることができるのです。

反対に自由診療のデメリットとしては、

やはり医療費が高額になってしまうことかと思います。

公的医療保険の適用にならないため、かかった医療費をすべて患者様に

ご負担していただくこととなります。

 

保険診療とは、国民健康保険法や健康保険法などにより定められている診療をいいます。

日頃、私たちが医療機関で受けている治療のことです。

それぞれの病気に対して治療内容が決まっており、診療報酬点数が定められています。

つまり、日本のどこの医療機関に行っても同じ金額で同じ治療を受けることができるのです。

また、保険証を提出することで患者の自己負担は

原則3割(年齢、所得により異なる)になります。

 

一方自由診療は、公的医療保険を使用せずに治療を受けるため、

全額が患者様負担となります。

自由診療を取り入れるだけで、本来

公的医療保険の適用だった治療もすべてが自己負担となります。

また、医療機関は自由診療の金額を自由に決めて良いことになっています。

患者様と医療機関のあいだで個別に契約されるものなので、

治療の内容や費用の制限もありません。

 

 

当院のお膝の治療は、先述させていただいた通り保険適応外となるのですが、

がんの治療でも保険適応外の最新治療が増えてきております!!

がんに有効な新しい治療法が世界中で開発されるなかで、

国内未承認の抗がん剤などによる治療は健康保険が適用されず、

「自由診療」で受けることになります。

 

私は、これまで治らないと言われてきた難病や余命宣告を受ける大きな病気が

自由診療という形で根本解決することが出来る未来が

これから訪れるのではないかと期待しています!

 

将来、どんな時も病気に打ち勝つことが出来るよう貯蓄を頑張って経済的な備えを行い、

希望する治療方法を満足に受けることが出来るように生活していきたいと思います。

 

また当院は自由診療になりますが、

治療をされた方のフォローアップ診察代金は一切ご費用いただいておりません。

それは、治療をされた方の経過をしっかり見せていただきたいのと同時に、

出来るようになった事を一緒に喜びあいたいという想いで行っております。

フォロー体制は、特にスタッフ一同力を注がせて頂いている当院の強みです。

是非一度、私共渋谷院へご相談に足を運んでいただければと思います。