shoko

治療の効果について

shoko

変形性膝関節症

治療の効果について

こんにちは

お盆も過ぎ、8月とは思えないくらい涼しい日が続いていますね

 

 

さて、今日は再生医療の効果時期についてお話させて頂きます

 

問い合わせのお電話で多い質問のひとつに

「どのくらい効果が続くのか」というものがございます。

 

 

ヒアルロン酸のように1週間程度の効果なのか

それとも注入してから痛みがない状態がずっと続くのか

 

 

まず、再生医療という治療がどのようなものなのか

しっかりイメージして頂く事が大切です

 

 

当院での再生医療は、

血液

脂肪幹細胞

を凝縮したものを膝に注入することで、

現在ダメージを受けている組織を再生させる治療になります

 

注入した後はゆっくりと1~6カ月かけて組織の再生が行われます。

どのくらいの期間でどのくらい再生するのかは、

ご本人様の自己治癒力が関係するためはっきりと断言することは出来ません…

 

・・・が、事前にMRIの画像を診た上で

皆様ひとりひとりに合わせた治療提案をさせて頂きますので

そこは当院の信頼のおける古屋医師にお任せ下さい

 

 

 

「では一度再生したら、また昔のような生活に戻れるの

と思った方もいらっしゃるでしょう。

 

しかし、組織が再生され痛みがなくなった状態で

長時間歩いてしまったり、重い荷物を沢山持って歩くと

どうなるでしょうか

 

日々の生活の中で少しずつ少しずつダメージが積み重なり、

また組織の損傷が起こってしまう可能性があります

 

一度注入することで、この先ずっと永遠に

膝のダメージが避けられるような状態になるわけではありません

最先端の再生医療でも魔法のような治療ではないのです

 

 

再生させた組織を痛みのない状態で長く過ごすためには

生活習慣が大きく関わってくることになります

 

 

注入前から行って頂いている

膝の曲げ伸ばし運動や大腿四頭筋訓練を続けて頂く事で、

膝への負担を減らし痛みのない状態を長く保つことができるのです

リハビリのやり方については、治療と合わせてしっかりとご説明させていただきます

合わせて体重のコントロールもとても大切で

体重は軽ければ軽いほど、膝への負担は軽くなります

 

当院の治療で少し前の痛みのない状態に戻してあげた後は

生活習慣やリハビリによって、より長い効果を感じられるということになりますので

厳密には「いつまで効果がある」と言うのは難しいですが、

当院が開院した頃から治療を始め、現在もお痛みなく過ごされいている方もいらっしゃいます

 

より効果を実感されたい方は追加注入が可能な治療もございますので、

お気軽にお問合せ下さい